<   2018-10   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

カテゴリー

月別アーカイブ

最新のコメント

    最新のトラックバック

      ナビゲーション

      検索

      ログイン

      その他

      458スペチアーレ

      エアロダイナミクス性能向上のためボディパネルはほぼ再設計。最大のトピックは前後の可動式フラップで、低速域ではフロントの垂直フラップが閉じてエアを導入しラジエーターを冷却、170km/h以上でフラップが開きエア導入を抑えてCd値を引き下げ、220km/h以上では水平フラップが下がってリアのダウンフォースを20%強化する。リアフラップも上下してダウンフォースとドラッグを調整する。

      また、フロントバンパーやリアホイールアーチ前には整流版が設けられ、リアスポイラーの表面積が拡大し、ディフューザーも再設計された。ガラス類などは軽量なパーツに換えられている。

      V8直噴NAユニットは、燃焼室の流体力学や各コンポーネントの設計が全面的に見直された結果、フェラーリV8史上最もパワフルな605ps/9000rpmと540Nm/6000rpmを発生。圧縮比もV8としては異例の14:1と高く、その結果、0-100km/h加速は458イタリアより0.4秒速い3.0秒をマークする。F1デュアルクラッチ・トランスミッションの応答性も高められた。

      ディーラー販売価格 3290万
      p185mi3npe1ch0bb6pvf16na10pj2n.jpg

      gut-sport | General | 13/10/11 | 11:10 | comment(0)| No Trackbacks

      フランクフルト モーターショー 2013

      ドイツ フランクフルトで開催された自動車ショー「フランクフルト モーターショー2013」に行ってまいりました。

      ドイツの旅はいかがでしょうか。弊社スタッフが現地をご案内できます。
      お気軽にご相談ください。

      p185mi3npe1nrl157k1sm6t1u1uef60.jpg

      gut-sport | General | 13/10/07 | 14:27 | comment(0)| No Trackbacks

      S63AMGに速攻試乗。0-100=4秒モンスター

      ■35年前のAMGの記憶

      私が最初にAMGを訪れたのは今から35年以上も前の話である。当時、すでに創立から10年が経ち、社名の2番目を成す頭文字を持ったメルヒャー氏は同社を去っており、アウフレヒト氏が何と自宅で私を向かえてくれた。

      そこで印象的だったには氏の内側から放つ自信たっぷりな確信を持った話し振りと、玄関の壁に飾られてあった巨大なニュルブルクリンク・サーキットのレリーフであった。アウフレヒト氏が語った「クルマはユーザーの嗜好に合わせて、もっと個性的であるべきだ!」という言葉は今でも私の耳に残っている。
      01_l.jpg 02_l.jpg

      gut-sport | General | 13/09/30 | 13:01 | comment(0)| No Trackbacks

      ダブルオンコート Sクラス 128,000円〜1年保証付き

      DOUBLEONCOAT
      2層のコート+光触媒 未来のボディーコーティング!!
      DSKM0895.jpg
      現在一般的なボディーコーティングと言えば、シラザン系コーティングのシロキサン結合だけの完全無機といわれるものが多いのですが、機能性を添加することができないため性能に欠け、施工時の被膜の硬化が遅い等の問題があります。

      ダブルオンコートは、第1剤がシラン系コーティング剤(有機ポリシランガラス膜を形成)、第2剤がシリコーンワニスに合成樹脂素材を反応させたシリコーン(有機ポリシロキサン)系コーティング剤(有機と無機を結ぶ官能基を持つ)で二重の被膜を形成し、多機能性を持つ新しいボディーコーティング剤です。

      例えば、施工時の被膜の硬化を早めたり(施工初期安定性)、親水と撥水を混合させることも可能となりました。親水7:撥水3の割合で合成しており、実験の結果、1番水の流れが良く、水ハケが早く、汚れが付きにくい結果を得られました。(当社調べ)

      また、ダブルオンコートの鉛筆硬度は、第1剤が7H相当、第2剤がプラスティックの様な柔軟性のある4H相当の被膜を形成します。塗装面への外部からの衝撃の場合、表面の第2剤が衝撃を吸収し、第1剤でしっかりと受け止めることができます。

      gut-sport | General | 13/09/26 | 17:02 | comment(0)| No Trackbacks

      ランドクルーザー New Car 始めました!!

      お問い合わせ好調で、アルファード、ヴェルファイアに続きランドクルーザーも始めました。
      アルミホイル、エアロパーツ、オーディオ等のグレードアップ可能です。
      頭金なしのオートローン120回払いOK。
      お気軽にお問い合わせください。

      land.jpg

      gut-sport | General | 13/09/26 | 16:32 | comment(0)| No Trackbacks

      ヴェルファイア New Car 始めました!!

      お問い合わせ好調で、アルファードに続きヴェルファイアも始めました。
      アルミホイル、エアロパーツ、オーディオ等のグレードアップ可能です。
      頭金なしのオートローン120回払いOK。
      お気軽にお問い合わせください。
      crsm0000000000.jpg

      gut-sport | General | 13/09/21 | 22:38 | comment(0)| No Trackbacks

      アルファード New Car 始めました!!

      お問い合わせ好調で、アルファード始めました。
      アルミホイル、エアロパーツ、オーディオ等のグレードアップ可能です。
      頭金なしのオートローン120回払いOK。
      お気軽にお問い合わせください。
      256340.jpg

      gut-sport | General | 13/09/21 | 22:36 | comment(0)| No Trackbacks

      アストンマーチン、100周年記念モデルを日本初公開…ヴァンキッシュベースの特別仕様車

      英国高級スポーツカーブランドのアストンマーチンは12日、ブランド100周年を記念した特別仕様車「センテナリー・エディション」を日本初公開した。同仕様は、アストンマーチン各モデルに世界限定100台のみが設定される、高級感あふれるモデルだ。

      今回公開されたセンテナリー・エディションのベースとなったのは573psを発揮する2ドアクーペの『ヴァンキッシュ』。これに100周年記念ならではの豪華な装飾がふんだんに盛り込まれた。

      センテナリー・エディションの外観上の特徴は、専用のボディカラーだ。オーダーメードにこだわるアストンマーチンは、通常モデルでも塗装行程に50時間を費やすが、今回設定された専用色にはさらに平均18時間をかけ、プレミアムカーならではの世界観を創り上げた。

      内装では、アストンマーチン車の中でも最上位に位置するスーパースポーツ『One-77』と同様の装飾が施された。ディープソフト・ブラックレザーにシルバーのステッチをあしらい、ヘッドレストに刺繍されたエンブレムもシルバー化、さらに100周年記念モデルであることを示す純銀製サイドシルプレートが採用されている。

      センテナリー・エディションは、今回公開されたヴァンキッシュの他、『V8ヴァンテージ』、『DB9』、『ラピード』の各モデルに設定され、それぞれ世界限定100台が販売される。センテナリー・エディションには、記念品が収められたギフトボックスが付属。純銀カフリンクやバング&オルフセンのヘッドフォンなど100周年記念ならではのアイテムが詰め込まれている。

      センテナリー・エディションは2013年1月に世界初公開され、すでに日本でも予約が入っているという。

      価格は、今回公開されたヴァンキッシュ・センテナリー・エディションが3616万0672円(オプション込み・参考価格)。他モデルについては販売代理店への問い合わせが必要。限られたセレブリティだけが手にすることができる、最上級の一品だ。

      imgres206259_1_o.jpg imgres206259_4_o.jpg
      imgres206259_25_o.jpg 22_l.jpg

      gut-sport | General | 13/09/19 | 13:37 | comment(0)| No Trackbacks

      伊フェラーリ、フランクフルトモーターショーで「458 スペチアーレ」を公開

      伊フェラーリは9月10日、第65回フランクフルトモーターショーにおいて、最新モデルのスポーツカー「458 スペチアーレ」を世界初公開した。

      今回発表された最新モデルにおける技術革新には、モデルの特徴となっているエンジン、アクティブ・エアロダイナミクス、電子制御に関するフェラーリの特許技術をはじめ、数々の最新のテクノロジーが採用されている。

      搭載するエンジンは、自然吸気V8エンジンの中で最高のパワーを誇る9000rpm/605CVの出力を発揮し、リッター当りの出力は135CV/Lとレース専用パワーユニットのレベルに達している。このエンジンは、フォーミュラ1チームと同じ装置とプロセスを用いて、フェラーリ社内の鋳造施設で製造される。

      また、F1デュアルクラッチ・トランスミッションには新たな制御ロジックが搭載され、加速感やシフト・ダウン時のレスポンスにもさらに磨きがかかっているようだ。

      車両重量は1290kgと軽量ながら、パワーウェイトレシオは2.13kg/CVと極めて優秀で、0−100km/h加速はわずか3.0秒、フィオラーノ・サーキットでのラップタイムは1分23.5秒と公表されている。

      img_20130911_13404965_2_o.jpg img_20130911_13404965_1_o.jpg

      gut-sport | General | 13/09/12 | 13:22 | comment(0)| No Trackbacks

      フォード GT ベースのスーパーカー

      【ペブルビーチ13】フォード GT ベースのスーパーカー、GTR1…1024psで1億円超

      米国に本拠を置くGalpin Auto Sportsは8月16日、米国カリフォルニア州で開催中の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、Galpin『フォードGTR1』を初公開した。

      Galpin Auto Sportsは、全米で最大規模のフォードディーラーを運営する1946年創業の老舗、 Galpin Motors社の関連会社。主に、新車や中古車のカスタマイズを手がけている。

      そんなGalpin Auto Sportsが発表した初のコーチビルド・スーパーカーがGalpinフォードGTR1。そのベース車両は、フォード『GT』。フォードGTはフォードモーターの創業100周年を記念して、2005年に1500台が限定生産された。1960年代のルマンなどで活躍した『GT40』のリメイク版で、ミッドシップには最大出力550psの5.4リットルV8スーパーチャージャーを縦置き搭載。その後方にギアボックスとデフを置くというレーシングカーと同じ手法。

      GalpinフォードGTR1は、このフォードGTの進化形を示したスーパーカー。同社によると、「フォードがGTを進化させ、現代のパフォーマンスとスタイルを手に入れたらどうなるかを表現した」という。

      5.4リットルV8スーパーチャージャーユニットは、ブーストアップやエンジンコンピューターなどにチューニングを実施。その結果、最大出力は1024ps、最大トルクは102.2kgmという驚異的なスペックを獲得する。

      0-96km/h加速はおよそ3秒、最高速は362km/h。同社はこのGalpinフォードGTR1を、6台から最大24台の範囲で、生産に移す計画。価格は100万ドル(約1億円)を超えると公表されている。
      20140819_1.jpg 20140819_2.jpg
      20140819_3.jpg

      gut-sport | General | 13/08/19 | 22:19 | comment(0)| No Trackbacks
      «Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 |...| 42 | 43 | 44 || Next»
      グートスポーツ TOP | SUV&SPORT | USED CAR | BLOG | COMPANY | PARTS | LIMITED CAR | LINK

      Copyright Gut Sport. all rights reserved
      MOSELジャパン正規ディーラー