<   2018-10   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

カテゴリー

月別アーカイブ

最新のコメント

    最新のトラックバック

      ナビゲーション

      検索

      ログイン

      その他

      アストンマーティン、究極のヴォランテを発表

      アストンマーティンは19日、“究極のヴォランテ”を謳うハイエンドオープンカー“ヴァンキッシュ・ヴォランテ”を発表した。

      ヴァンキッシュ・ヴォランテは、2012年秋に発表されたヴァンキッシュ・クーペのオープン版にあたるモデル。6リッターV12エンジンを搭載し、最高出力573ps、最大トルク620Nmを発生。公表データによると、0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は295km/hに達する。

      車体には、アストンマーティンのオープンカーで初めてフルカーボンファイバーを採用。軽量化が図られていることに加え、前後重量配分は理想的な51:49を実現。素直なハンドリング特性を実現したという。

      発売は欧州市場では2013年後半に開始され、その後、他の市場でも販売が開始される。

      20130620_1.jpg 2013_06_20_3.jpg

      20130620_2.jpg

      gut-sport | General | 13/06/20 | 15:08 | comment(0)| No Trackbacks

      4億円のケーニセグ、シンガポールで発売

      スウェーデンの高級スーパーカーブランド、ケーニッグゼグ・オートモーティブは、マレーシアで“アゲーラS”を発表した。このクルマ、価格はなんと420万米ドル(1ドル=95円換算で約4億円)。シンガポールで販売されているクルマの中ではもっとも高額なクルマとなる。

      アゲーラSが搭載するエンジンは5リッターV8ツインターボで、最高出力は1040hpを発生。最高速度は400km/hを超すという。

      20130619_1.jpg 20130619_2.jpg

      gut-sport | General | 13/06/19 | 21:18 | comment(0)| No Trackbacks

      ル・マン現地レポ第1弾

      ル・マン現地レポ第1弾。車検初日の様子
      ■90周年を迎えるルマン24時間レース開幕
      昨年80回の記念レースとなったルマン24時間レースは、今年90周年を迎えた。

      車検初日、昨年2台共リタイヤに終わったトヨタがニューモデルを持ち込んだ。もちろん、レース最大の注目は王者アウディと復活2年目のトヨタが繰り広げる、LMP1クラスのハイブリッドマシン対決だろう。6月22〜23に開かれの決勝へ向け、ル・マンの日々を現地からフォトレポートする。

      2013_06_17_1.jpg 2013_06_17_2.jpg

      2013_06_17_3.jpg

      gut-sport | General | 13/06/17 | 19:03 | comment(0)| No Trackbacks

      マクラーレンP1日本公開、空力ボディの威容

      m2.jpg m3_1.jpg

      m4.jpg m1.jpg

      m5_2.jpg

      マクラーレンP1日本公開、空力ボディの威容

      ■生産台数375台、9000万円オーバー

      5月28日、マクラーレン・オートモーディブはフラッグシップモデルとなる「マクラーレン P1」を日本で初公開した。ジュネーブモーターショー2013でワールドプレミアされたP1は“世界最高のドライバーズカー”を目標に開発され、伝説のスーパーカー「マクラーレン F1」の後継モデルとして、また、ポルシェ 918スパイダーやフェラーリ ラ フェラーリとともに、2013年の量産超ド級HVスーパーカーの頂点の一角を形成して話題となっている。生産台数は375台、日本での販売価格は9661万5000円。

      gut-sport | General | 13/06/11 | 18:49 | comment(0)| No Trackbacks

      欧州デビューの次期Sクラス、クーペ版を捕獲!

      01_l.jpg 02_l.jpg

      03_l_1.jpg 04_l_1.jpg

      05_l.jpg

      新しいSクラスが5月15日にワールドプレミアとなったばかりだが、メルセデス・ベンツはすでに派生モデルの開発を進めている。なぜならニューSクラスは生産終了となったマイバッハの顧客はもちろん、CLクラスの顧客を満足させる役割も課せられているからである。
      今回、我々のスクープ班がドイツ・ニュルブルクリンクでキャッチしたプロトタイプは、そのSクラスのクーペ・バージョンである。現状では厳重にカモフラージュされているが、ヘッドライトがややつり上がっていて、フロントマスクはリムジンと若干異なっているように見える。
      新型Sクラスは、先代からラグジュアリー性が大幅に高められたが、Sクラス・クーペも現行のCLクラスを遙かに超える、世界最高のラグジュアリー・クーペになると言われている。
      搭載されるパワーユニットは現時点では不明だが、ガソリン・エンジンはV8ツインターボやV12ツインターボのほか、次期Cクラスのためにシュトゥットガルトで現在開発中の3.0リッターV6ツインターボも設定される見込みである。このほか、新型Sクラスと同様に、様々な先進のドライバーアシスタンスや安全装備も採用されるはずである。
      Sクラス・クーペのワールドプレミアは、2013年末か2014年初頭と予想されている。ただし、9月のフランクフルト・モーターショーでも、何らかの形で披露される可能性も残っている。また2014年春頃にはカブリオレ・バージョンも登場すると言われている。こちらも非常に楽しみである。

      gut-sport | General | 13/06/11 | 17:19 | comment(0)| No Trackbacks

      2014 Porsche 918 spyder918台限定
      ハイブリッドスーパースポーツカー

      予約受付中!!10月納車1台のみHoldあります


      20130520_918spyder_02.jpg 20130520_918spyder_01.jpg

      20130520_918spyder_03.jpg 20130520_918spyder_04.jpg

      主なパワーソースは4.6リッター8気筒エンジンで、最高出力は612ps。このエンジンは、成功を収めたRSスパイダーのものと基本的に同じであり、最高回転数が9,150 rpmに達する。RSスパイダーのレーシングエンジンと同様に、918スパイダーのパワーユニットもドライサンプ方式を備え、オイルタンクは独立している。

      V8エンジンはハイブリッドモジュールと組み合わせて使用される。このハイブリッドモジュールは、115 kWの電気モーター、そしてエンジンと締結させるクラッチで構成されている。918スパイダーはパラレル式ハイブリッドのため、リアアクスルの駆動を、エンジンのみ、電気モーターのみ、またはエンジンと電気モーターを連動させて行うことができる。ポルシェのスーパースポーツカーの常として、918スパイダーのパワーユニットはリアアクスルの前方に配置され、またフロントアクスルへのプロペラシャフトは存在しない。

      エンジン、そしてリアアクスルおよびフロントアクスルに配置された電気モーターとの組み合わせによる独創的な4輪駆動は、レースにおける911 GT3 Rハイブリッドでの成功により得られた成果をベースにしている。前輪は独立して制御することができ、特に高速コーナリング時では極めて高い安全性がもたらされ、新次元の走りを実現。また、高度な「ブースト」プログラムにより、電気モーターのエネルギーを極めてインテリジェントに制御することができるため、最大限の加速力が必要なときはいつでも、アクセルペダルを100%踏み込むだけで、918スパイダーからフルパワーを引き出すことができる。

      発進時、バッテリーの充電状態が良好であれば、「Eパワー」モードが自動的に選択される。理想的な状態では、918スパイダーは電気モーター単独で30 km以上走行することができる。純粋な電気モードの場合でも、918スパイダーは0〜100 km/h加速を7秒以下で駆け抜け、最高速度は150 km/hに達する。このモードではエンジンは必要なときにのみ作動。バッテリーの充電状態が規定の最小値まで下がると、自動的にハイブリッドモードに切り換わる。

      このバッテリーへのエネルギー供給のために、ポルシェは、プラグイン充電ポートを備えた、充電能力の高い、新しいシステムを開発。助手席側のBピラーに配置された充電ポートを介して、バッテリーと家庭用電気コンセントを接続する。この充電ポートの仕様は、各国の規格に合わせて標準化されている。家庭用コンセントの交流が充電用の直流に変換され、最大充電出力は3.6 kW。付属のポルシェユニバーサルチャージャー(AC)を使用することにより、たとえば、定格10 Aのドイツの230 V家庭用電源から、駆動用バッテリーを4時間以内に完全に充電することができる。日本で200Vの電源を使用した場合、約2時間半での急速充電が可能となる。

      gut-sport | newcat2 | 13/06/11 | 11:48 | comment(0)| No Trackbacks

      ランボルギーニ アヴェンタドール、累計生産2000台…2年で達成

      imgres199728_1_r.jpg

      イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは6月6日、『アヴェンタドールLP700‐4』の累計生産台数が2000台に到達したと発表した。
      アヴェンタドールLP700‐4は、『ムルシエラゴ』の後継車。2001年に発表されたムルシエラゴの場合、累計生産台数が2000台に到達するには、発表から5年を要した。
      シャシーナンバー2000のアヴェンタドールLP700‐4は、ボディカラーがNero Nemesis。ランボルギーニの本社工場では、ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO以下、従業員が2000台目のラインオフを祝福している。

      gut-sport | General | 13/06/10 | 14:31 | comment(0)| No Trackbacks

      ポルシェ911に50周年記念モデルが登場!予約受付中

      01.jpg 03_l.jpg

      04_l.jpg 06_l.jpg

      07_l.jpg

      車種: 911 50thアニバーサリーエディション

      エンジン=3.8リッター水平対向6気筒(400ps/440Nm)
      トランスミッション=7速MT(7速PDK)
      0-100km/h加速=4.5秒(4.3秒)
      最高速度=300km/h(298km/h)
      欧州複合モード燃費=9.5リッター/100km/h(8.7リッター/100km)
      ※1963台限定

      gut-sport | General | 13/06/10 | 14:18 | comment(0)| No Trackbacks

      2012 Ferrari FF Bianco White

      2012 Ferrari FF Bianco White
      F6BBD5CD_7873_4BA5_BF84_C7A2A6C45F26.jpg
      FF_4.jpg

      走行4000km、オプションは下記の通りです。

      ■Exterior: White – Bianco Avus.
      ■Interior: Medium Blue with White Stitching.
      ■Rear Seat DVD’s
      ■Ferrari Logos.
      ■Multi-Function Steering Wheel
      ■20 inch Metalic Rims.
      ■Ceramic Brakes.
      ■Stitched Logos on Head seaters.
      ■Blue Brake Calipers.
      ■5 Spoke alloy Rims.
      ■Ferrari社記録簿あり

      gut-sport | General | 13/05/23 | 14:40 | comment(0)| No Trackbacks

      GWお休みのお知らせ

      【GWお休みのお知らせ】
      誠に勝手ながら5月3日(金)〜6日(月)の4日間、休業させていただきます。
      尚、緊急の場合は090-9646-7700までご連絡ください。
      何卒宜しくお願い申し上げます。

      gut-sport | General | 13/05/02 | 22:13 | comment(0)| No Trackbacks
      «Prev || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 || Next»
      グートスポーツ TOP | SUV&SPORT | USED CAR | BLOG | COMPANY | PARTS | LIMITED CAR | LINK

      Copyright Gut Sport. all rights reserved
      MOSELジャパン正規ディーラー